残業代の定義

労働基準法で定められた法定労働時間を超えるとそれは残業です。1日8時間、1週間40時間までと規定されており超えた場合の賃金は全て割増賃金が支払われます。残業が午後10時以降の深夜に及べば深夜分の割り増しも適用され残業代が増えます。

新宿で税理士を利用したいならこちらへ☆ 東京で司法書士を探しているならこちらへ★

広告募集中